故人にかわり感謝を伝える|世界に一つだけのプレゼント|名入れボールペンで気持ちを伝える

世界に一つだけのプレゼント|名入れボールペンで気持ちを伝える

故人にかわり感謝を伝える

香典返し

弔問客の都合に合わせて

香典返しとは、その名の通りお葬式の際供えてもらった金品(香典)に対するお返しのことです。本来は忌み明けがすんでから喪主自ら弔問客のもとへ持参するのが習わしですが、近年では配送するのが一般的です。また、現代では親戚や縁者が遠方に住んでいることも多く、その都度弔問客を煩わせるのも大変です。そのため、お葬式の当日に初七日や四十九日の法要もすませてしまい、同時に香典返しも渡すというケースも増えてきています。ただ、こうした習わしは地域や親戚間の取り決めにより変わってくるものなので、地域の葬儀会社に聞いてみたり、親類に尋ねてみると間違いありません。香典返しにふさわしいものなどもありますが、近年ではより弔問客の立場に立ってカタログギフトなどをおくることも増えています。

消え物がふさわしい

香典返しは、死による穢れを祓うために消えてすぐに無くなる物がふさわしいとされています。定番は、のりや干し椎茸、お茶やお菓子などの日持ちのする食品類です。こうした食品ならばいずれは消費して無くなってしまいますし、日持ちがするためもらった方も焦ることはありません。ただ、食品とはいっても肉や魚、生野菜などは生臭といって殺生を強くイメージさせてしまうのでふさわしくありません。また、乾物であっても、昆布や鰹節は慶事に使われることが多いのでおくられることはあまりありません。金額相場としては、頂いた香典の半額ほどが相場です。後日渡すならば人により品物を変えてもよいですが、当日返しにするならば皆同じ物を渡すのがマナーとしてふさわしいでしょう。